わかもの巣立ち応援プロジェクト2019

この春、豊岡市を巣立つ皆さんへ。

兵庫県北部に位置する豊岡市は、自宅から通える範囲に進学先が少ないなどの理由で、ほとんどの若者が高校を卒業と同時に故郷を離れ、進学や就職のため別の地域に移り住みます。

そんな若者たちに、まちと市民からエールを送る、わかもの巣立ち応援プロジェクト。

3年目となる今年は、市民の皆さんにメッセージを公募しました。

ご応募いただき、撮影を承諾いただいた方々には、撮影と取材を行い、メッセージをデザイン化しました。

また、撮影の様子を、市民ライターが取材しています。

それぞれの画像をクリックしていただくと、詳細がご覧いただけます。

それぞれの思いが、若者に伝わることを願っています。

卒業おめでとう。

飛んでいけ。

  • 小学生編
  • ママの働き方応援隊編
  • 川北さんご夫妻編
  • 但馬救命救急センター編
  • 中学生編
  • 夢テーブル委員会編
  • ユニクロ豊岡店編
  • 株式会社ノヴィータ 小田垣栄司さん編
  • オーベルジュ豊岡1925編

他にもメッセージを寄せていただきました

『淋しくなったら帰っておいで。あなたの好きなものを作って待っているから。』

上坂育子

~メッセージ込めた思いやエピソード~

いつも「ママのオムライスが一番おいしい」という娘。また作ってやりたいと思う。

『困った時や疲れた時には、実家のいつもの席に座ってごらん。元気でるよ。そして、新たなスタートをきって下さい!!』

宮本康志

~メッセージ込めた思いやエピソード~

若い頃、帰省した時、実家の自分の席に座るとすごく癒された感じというか、守られてるような感じで、疲れがとれた事を思い出しました。これが私の「居場所」だと思っています。

『わかもの巣立ち応援プロジェクト2019』各取材記事はこちらからも。

「応募者インタビュー~小学生編~」
「応募者インタビュー~ママの働き方応援隊編~」
「応募者インタビュー~川北さんご夫婦編~」
「応募者インタビュー~但馬救命救急センター編~」
「応募者インタビュー~中学生編~」
「応募者インタビュー~夢テーブル委員会編~」
「応募者インタビュー~ユニクロ豊岡店編~」
「応募者インタビュー~株式会社ノヴィータ 小田垣栄司さん編~」
「応募者インタビュー~オーベルジュ豊岡1925編~」

 

昨年の『わかもの巣立ち応援プロジェクト2018』の記事もご覧ください。

卒業おめでとう。飛んでいけ。

この記事を書いた人

飛んでるローカル豊岡編集部

わたしたちは「飛んでるローカル豊岡」編集部です。 豊岡市の暮らしのリアルをお伝えしていきます。 ローカルを突き詰めた先にグローバルがあると信じて。 ぜひご覧ください。

この記事を読んだ人にオススメ!

わかもの巣立ち応援プロジェクト
記事をエリアから探す

ホーム お知らせ わかもの巣立ち応援プロジェクト2019