大雪です!!雪のある暮らし

久しぶりの大雪。

報道されているとおり、

豊岡市でも久しぶりにこんなに積もりました。

こんなに積もったのは何年ぶりでしょうか。

 

今朝は、こんなだったのに。(2月10日のことです。)

うっすら。

 

なのに、

このあとガンガン降って、

夕方には、こんな感じ。

 

うわ。

 

でもこんなの、本当に久しぶり。

最近は、

年に1、2回積もる程度で、

ここまでは積もりませんでした。

お嫁に来て11年。

一度にこんなに降ったのは初めてかな。

 

 

さぁ。

とりあえず、車に積もった雪をどけないと。

 

シャベルで雪をどけようとしたらダメですよ。

傷だらけになります(笑)。

(そうしようとしたのは私です。)

 

こんなときは、これ。

スノーブラシ!

長い柄がついています。

片側はワイパー、

もう片側はスポンジになっています。

 

これで、

車の屋根の上も、フロントガラスも、窓も、

雪をはらうことができます。

雪が降りそうなところへ行く時は、

車に積んでおくと、助かります。

ホームセンターで1,000円くらい。

雪かき用の軽いスコップも積んでおくといいです。

今回のように、

車から数時間離れてる間に、

雪に埋もれていることがあります。

まぁ、この11年の間にそんなことはなかったですが。

こんなに雪を積んだまま走ると危ないです。

ブレーキをかけた時、(雪道でブレーキはダメですが。)

屋根の雪が、ドサッとフロントガラスに落ちてきて、

とても危険。

私もこちらに来た頃、

何も知らず積んだまま走って、

とても怖い思いをしました。

 

屋根の上の雪は、せめて前半分は降ろしておきましょう!

 

さぁ!雪かき!!

週末だったので、近所の中学生も雪かきを頑張っていました。

 

 

雪のないところからお嫁に来た私は、

雪の心配をする癖がついていません。

でもこちらでは、

家を建てたり、ベランダを作ったり、

何かしらする時には、必ず、雪が降った場合のことを考えてます。

 

まぁ、最近は滅多に降らないので、

つい油断してしまいますが。

 

子どもたちも雪かきしますよー!

2年生も。

5歳も。

 

写真撮れてませんが、

4年の長女も頑張りましたよ!

 

 

あれ?

 

大雪の割には、道路には雪がない。

そう思われませんでした??

 

実は、

こちらの道路には、

秘密兵器が埋め込まれているのです!

消雪装置

地味な噴水。

 

では、ありません(笑)。

雪が降った時に、

水で溶かそう、という装置です。

全部の道路についているわけではありませんが、

いろんなエリアに結構ついています。

とても助かります。

 

そのかわり。

道路はびちゃびちゃ。

なので、必需品はコレ。

但馬ブーツ!

ま、長靴ですね(笑)。

 

でも、履き口がぎゅっと絞れて、

足に雪が入らないようになっています。

 

お嫁に来て、最初に買って貰った物。

但馬ブーツ。

必需品です。

 

持ってるのは、「プッシャー」

雪かきの便利な道具です。

あと、

「ママさんダンプ」というのもあります!

どんなものか気になる方は、検索して見てください(笑)。

 

 

大きな旅館さんは、こんなものも持っています!

ミニショベルカー!!

雪をガサッとすくって、

バサっと捨てる。

うーん!仕事が速い!!

ご自分の旅館の周りが終わった後は、

近所のたいへんな場所もしてくださったりして、

とてもありがたいです。

 

そして、

 

あ!

 

 

来た!!

 

 

 

来た!

やってきた!

 

きゃー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ガガガガガー!!

カッコイイーーー!!

 

すごい迫力です!

除雪車です!!

 

道路は、

市や県が委託した(道路によって担当が違います。)

建築関係の業者が作業をしてくれます。

建築関係は、雪だと仕事にならないのでちょうどいい。

とはいえ、

みんなが動き出す前の早朝からの作業です。

本当にありがたいです。

いつも感謝しています。

温かい飲み物を差し入れしたくなります。

 

 

後ろ姿も、

カッコイイーーー!!!!

 

 

 

子どもたちは雪が大好き❤️

いろいろ大変な気がする雪ですが、

子どもたちは大喜びです!

雪かきも好きだし、

もちろん、雪遊びが大好き!

子どものスキーウェアも必需品です。

スキーはしなくても、です!

かまくら作り

久しぶりにかまくら作り。

ここ何年も、かまくらを作れるほど積もりませんでした。

ふわふわの雪でかまくらを作るのは難しいですが、

除雪が行われた後の、

圧縮された雪に掘るのは簡単です。

 

 

 

 

 

かまくら作って、

中でお茶会するそうです。

魔法瓶にあったかい紅茶入れて、お菓子持って。

 

 

滑り台も!

近所のおじさんが、除雪して山になった雪を滑り台にしてくれました。

 

たのしー♪

 

前からもー♪

 

ソリも!

家の近くの坂で、ソリ遊びもできます!

ソリも、ホームセンターで購入。

600円くらいかな。

 

近くのホテルの庭で、

そり遊びをさせてもらえることもあります。

ちょっと滑りすぎると、

シャーベット状のプールに、ぽちゃん。

スリル満点!

 

もちろん、落ちたことはないですよ。

月曜は普通に登校!

2枚目の写真と同じ道です。

登校できるように、

みんなが歩けるように、

と、

歩道は、

町の人それぞれが出来る範囲で雪かきをしました。

 

ありがたいなぁ、と思いながら通らせてもらいます。

四季を感じる美しい街。

雪が多いと、

ものすごく大変なように報道されますが、

住んでいるものにすれば、

報道されているほどのことではありません。

昔はもっと多かったようですし。

もちろん、

電車が動かなくなったりするのは不便ですが、

まぁ、そんな時があってもいいやん。とも思います。

 

雪かきは大変だけど、

実は私は、まだ楽しい(笑)。

みんなが外に出てきて、

「えらい降りましたねー。」

「もう雪いらんなぁ!」

と会話しながら雪かきして、

時には外でコーヒーブレイクしたり。

 

 

大変だー!!いやだー!!

と思い始めると嫌で仕方ないですが、

仕方ないなぁと受け入れると、結構楽しいことが見えてくる。

そして、

大変なことがある分、喜びも大きい気がします。

この雪と寒さがあるから、

春の日差しをありがたいと思える。

きっと春になると、

またご近所さんと、

「やっと春やなぁ。」

「うれしいなぁ。」

と会話ができると思います。

 

大変なことも多いけれど、

四季がはっきり感じられることは、

幸せなことなのではないでしょうか。

 

田舎は刺激がない、

とおっしゃる方もいらっしゃいます。

でも、わたしにとっては、

朝起きたらドカーンと雪が積もってた、

なんて日常は、かなり刺激的です。

 

豊岡市は、

そんな自然のアトラクションがいっぱいです(笑)。

 

この記事を書いた人

井垣真紀

フォトグラファー。
関西を中心にフリーアナウンサーとして活動したのち、2006年、城崎温泉にある写真スタジオに嫁ぎ、移住。
三姉妹の母。週に二回はカフェも営業している。

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 大雪です!!雪のある暮らし