城崎温泉の新学期が始まった!

こんにちは。

城崎温泉の写真屋さんにお嫁に来て13年。

三姉妹の母であり、カメラマン、フリーアナウンサー、の井垣真紀です。

 

2019年4月。

久しぶりに我が家のことを書きたいと思います。

三姉妹はそれぞれ大きくなりました。

 

みんな1学年大きくなった。

3人で綺麗な階段ができたこの写真。

実は、1年前の4月に撮りました。

3人揃って小学生になった記念です。

 

この春からは、

長女が中学1年生。

次女が小学5年生。

三女が小学2年生になりました!

 

末っ子はメガネちゃんに。

小学校に上がって、片目に軽い斜視が見つかった三女は、

憧れのメガネちゃんに!(本人談)

 

もう少し斜視がキツいと姫路のこども病院(車で片道2時間くらい)まで通わないといけないところでしたが、

詳しい検査の結果、日高病院の眼科センター(車で片道40分くらい)で診てもらえることになりました。

ふだん、豊岡はとても住みやすいところだと思っていますが、

こういうことがあると、ちょっと大変だなぁと思います。

 

 

チリンチリン♪

お店でパソコン仕事をしていると、

「あ! 帰ってきたな。」と子どもたちの帰宅がわかります。

 

おかえり!

5年生になって、登校班の旗持ち役になった次女。

いつも誇らしげに旗を持って家を出ます。

帰宅も旗を持って。

顔出しはNGらしいです。

大きくなった。

 

 

あ!

末っ子が帰ってきました。

チリンチリン!

ただいまー!

おかえりー!

 

ひときわ大きな、チリンチリン♪

「アルプスの少女ハイジ」のヤギさんが帰ってきたみたいです。

遠くの方からも聞こえるので、

あ! 帰ってきた!

と出て行って迎えます。

音の正体はこれ。

「クマよけの鈴」です。

鈴ならなんでもいいようですが、末っ子が使うこの形がよく響きます。

お姉ちゃんたちには、「うるさい」と言われるようですが(笑)。

 

「クマよけの鈴」は、小学校からの入学準備のプリントに書いてありました。

筆箱、鉛筆、下敷き、などと並んで、

「クマよけの鈴」と書いてあるのを見たときの衝撃!

「うっそーん!(嘘でしょ?)」

と大笑いしたのを覚えています。

 

でも、本当に必要なものでした。

山に囲まれた地域では、クマが居住区に出てくることがあります。

クマが目撃されると、

学校から注意のメールが来ます。

 

クマ目撃情報のメール

こんなメールが来たときには、ちょっと心配します。

下校の様子を見に行ったり、登校に付いて行ったりすることもあります。

猿の目撃情報もメールできます。猪や鹿も見かけます。

でも、「実際に子どもたちが被害にあった」というのは聞いたことがありません。

自然と共存している、という感じがとてもします。

 

そういえば、

彼女たちが身につけるもので、もうひとつ面白いことがあります。

 

名札

彼女たちが通う小学校の名札です。

これは、末っ子の。

 

そして、これは次女の。

 

そして、6年間使った長女の名札。

名札は学年ごとに色が違うのです。

1年生の時にもらった名札を6年間使うので、それぞれはずっと同じ色を使います。

今年卒業した長女が6年間使った青色は、今年は新1年生が使っています。

6年間使うからかな。

城崎の人は、おっちゃんおばちゃんになっても、

「何バッチ?」

「赤バッチです。」

「赤バッチかぁ。俺は青バッチ。じゃあ俺が4つ上やな。」

なんてやり取りをしょっちゅうしています。

何度聞いても笑えるこのやり取り。超ローカルネタです。

最初はなんのことやらさっぱりわかりませんでしたが、子どもが小学校に行くようになってわかりました。

ちなみに、ダンナと長女は同じ青バッチ。

30歳の時に生まれたから、そうなりますね。

同じ色のバッチで、ふたりともなんだか嬉しそうでした(笑)。

 

 

城崎に住んで13年。

小さな温泉街を歩くとたくさんの知り合いに会って、すっかり地元の人の顔をしていますが、

「何バッチ?」とはこれからも絶対に聞いてもらえないなぁ。

それがちょっと寂しく思ったりするのでした…。

そんなことすら、ここで育つ三姉妹がうらやましい!(笑)

 

 

ではまた!

 

この記事を書いた人

井垣真紀

関西を中心にフリーアナウンサーとして活動したのち、2006年、城崎温泉にある写真スタジオに嫁ぎ、移住。
現在は、三姉妹の母でフォトグラファー。
マタニティフォト、ベビーフォト、ブライダル撮影、また、舞台撮影や取材撮影なども。
たまーに、アナウンサーの仕事も。
週に二回はスタジオ併設のカフェも営業しています。

温泉があって、食べ物が美味しい。山があって海もある。雪も降るし蛍も出る。
豊岡のまちは住めば住むほど好きになります。ここでの暮らしぶりをお伝えできれば。

イガキフォトスタジオ ☎︎0796-32-4151

http://www.igakiphoto.jp/

この記事を読んだ人にオススメ!

記事をエリアから探す

ホーム 暮らし 城崎温泉の新学期が始まった!