朝市日和

飛んでるローカル豊岡をご覧のみなさま、はじめまして。

今井奈津子です。

大阪から嫁いで3年目、気楽な田舎生活を楽しんでいます。

 

さて、この季節、霧で薄暗い豊岡の朝はとにかく寒いです。

朝に霧が出ている日は一日晴れるというのが豊岡。

ほんまかな?

いつも疑いながら太陽を待っています。

そんな日は朝市日和

 

私が住んでいるところ宮島地区から徒歩30分ほどのところにある「あおぞら市場」に出かけます。

ほぼ毎日、午前7時~11時ごろまで朝市が行われています。

スーパーと違い朝早くからやっているのがいいですね。

 

豊岡では美味しい野菜が簡単に手に入ります。

いろいろな人が美味しい野菜をたくさん作っているんですね。

 

安全で新鮮でおいしいものが食べたいけど、農業をしていない私にとって、朝市はとても大切な場所のひとつです。

 

あおぞら市場についての詳しいことは、神野家とガサエビ

あおぞら市場でモーニングという他のライターさんの記事も読んでみてください。

 

徒歩30分?それって遠くない?そんなことありません。

移動は車を使う人が多く、運動不足になりがちな田舎暮らしにはちょうどいい朝のお散歩です。

 

 

今日の朝市へ

豊岡メイン通り、その名も大開通りです。

 

洗濯と掃除を済ませたら、お買い物袋とお財布を持ってお気に入りスニーカーを履いて出発。

 

今日は出発が少し遅くなったので空はすっかり晴れ渡っています。

朝はとても霧が濃かったので、本当に不思議。

市場の中心には大きな看板

何回か行っているとお気に入りのおかあさんのお店ができます。

先日買ったインゲン豆が美味しかったことを報告しに行き、またそこで美味しそうな野菜を見つけて買います。

無農薬で作られている野菜が多いです。

お天気が良すぎて写真がうまく撮れません。

 

お天気が良いのでお買い物に来たお客さんでとてもにぎわっていました。

ここでは、野菜、果物、鮮魚、お花の苗、お米などいろいろなものが買えます。

私はとりあえずいつものおかあさんのお店で菊菜を買いました。

物静かでかわいらしい笑顔のおかさんは、会うとホッとします。

世間話をしたり、料理の方法などを聞きながら、新聞紙にくるまれた野菜を手渡してもらいます。

持ち帰ったのがこちら。

1束100円の2束買いました。

さっそく、大好きな胡麻和えになりました♪

 

今日は市場の近所にあるコーヒースタンドも出店していましたので、珈琲とスコーンも買えて満足です。

こちらのカミノコーヒースタンドが近くにできてからは、コーヒーもあおぞら市場の楽しみのひとつとなり、嬉しいです。

 

そうです。冒頭の市民ライターの神野さんです。

 

ここに来ると、知り合いが増え、知り合いと笑顔を交わし、知り合いからお買い物ができる。

それだけでとても幸せな一日がはじまります

 

今日はお花の苗や果物も買って帰りました。

また他のお店など豊岡のお買い物レポートがたくさんできたらいいなと思っています。

 

 

この記事を書いた人

今井 奈津子

大阪府出身。主婦。
自然あふれる田舎に憧れ、2014年に結婚を機に夫のふるさと豊岡へ移住。
趣味は料理とランニング。

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 朝市日和