自転車でさんぽ。

自転車で10分のお気に入りの場所。

こんにちは。

豊岡市は城崎温泉の写真屋に嫁いで11年。

元は関西のフリーアナウンサー。

今は、三姉妹の母、フォトグラファーの井垣真紀です。

 

10月11日。

秋晴れの青空が綺麗な城崎です。

この日、町は14,15日の秋祭りを控えてそわそわしていました。

 

盆も正月もお客様を迎えるために働いている観光地の城崎温泉が、

1年に1度、自分たちのために過ごす2日間です。

この秋祭りについても書かないとなぁ。

と思いながら、

そんな中、

三女と私はちょっとの時間を使って、お気に入りの場所に行ってきました。

 

 

 

 

時間があると、

「お母さん、としまちっち行きたい。」

という三女。

 

スーパーでちょっとしたおやつと、

私もコーヒーを買って、

自転車で出発。

 

城崎大橋を渡ります。

海まで3キロメートルほどの場所なので、結構な川幅があります。

 

子連れで、

橋の真ん中で写真を撮るのは怖いので、別の日に撮った橋の上からの景色をどうぞ。

 

きもちいいー!!

車で通ると、なんてことないのですが、

歩いたり、自転車で通ると最高に気持ちがいいです。

特に、こんないいお天気の日は最高。

 

到着!

 

あっという間に到着。

城崎温泉街の奥にある自宅から自転車で10分。

城崎温泉駅からなら5分かからないかな。

 

ここは、ハチゴロウの戸島湿地。

ハチゴロウとは、

大陸から渡ってきた、みんなに愛された野生のコウノトリの名前です。

 

ハチゴロウと戸島湿地のお話は、

HPに書かれています。

感動しますのでぜひ読んでください。

ハチゴロウの戸島湿地http://www.hachigorou.com/about/

 

管理棟や観察棟、淡水湿地、汽水湿地等があり、施設全体で3.8haの広さ。

周辺の里山、小川、田んぼ、河川、海と有機的につなげることで、

湿地の生態系を高めているそうです。

 

山際には、

コウノトリの人工巣塔が建っていて、

コウノトリの夫婦が毎年ヒナを育て巣立ちさせています。

 

その中の、「かんさつとう」がお気に入りの場所。

 

湿地に浮かんでいる観察棟です。

観察棟の中から。

ここから見る景色は、額縁に入った絵のようです。

コウノトリがいるときもあるし、

鷺や小鳥がいることも。

虫もいるし草もある。

亀や魚やいろんな生き物がいます。

生き物のデパートです。

 

いろんな生き物が共存している場所にいると、

気持ちがとても安定します。

 

豊岡市が、

コウノトリと共生する町を目指しているのは、

こういうことなのかなぁと思う場所です。

 

体の大きなコウノトリが食べる餌が豊富にあるということは、

私たちも安心して食べられる食べ物がある土地だということ。

 

 

私たちが普通に生活している中で、

大きなコウノトリが頭上を舞う姿を見ると、

とっても豊かな、幸せな気持ちになります。

しょっちゅう見かけるのですが、

それでも、見かけるたびに、

「おぉーー!!」と

歓声をあげてしまいます。

雄大な姿は、見るだけで感動します。

 

 

 

家から自転車で10分。

ここに来ると、

 

ああ。また頑張ろう。

 

なんだか自然とそう思えるのです。

 

三女がなぜ、ここに来たいというのかはわかりません。

同じように感じているのかなぁ。

いつも、

「としまちっち行きたい。」と誘ってくれて、

えー。忙しいのにな。と思いながら、

やってきて、

あぁ、よかったなぁと思います。

 

ありがとう。

 

ハチゴロウの戸島湿地

 

 

この記事を書いた人

井垣真紀

フォトグラファー。
関西を中心にフリーアナウンサーとして活動したのち、2006年、城崎温泉にある写真スタジオに嫁ぎ、移住。
三姉妹の母。週に二回はカフェも営業している。

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 自転車でさんぽ。