2018年、今年の冬は雪がすごく降りました。

今年は浜雪。

雪の降り方に、「浜雪」「山雪」という言い方があります。

 

南北に広く、日本海に面する豊岡市は、

海側と内陸側とで、全く天気が違うことがあります。

今期は、完全な浜雪。

海から城崎までがすごい積雪で、

城崎から車で15分ほどの内陸側では全然雪がない、

というような違いでした。

そう、雪がすごかったんです。今年の城崎は。

 

 

こんにちは。井垣真紀です。

2018年2月。

私が城崎にお嫁に来てちょうど12年になります。

大阪で学生時代からフリーアナウンサーをしていたのですが、

仕事で来た城崎で知り合った、写真屋のダンナさんと結婚し嫁ターン。

今は三姉妹の母、

そして、週に2回はおやつを作ってカフェをオープン、

職業はカメラマンです。

アナウンサーの仕事も、辞めてません(笑)。

 

 

今回は、私が住む城崎の雪景色をお届けしますね!

 

白い町

大谿川の柳並木も真っ白です。

城崎の町の中心を流れる大谿川(おおたにがわ)も真っ白です。

実は、こんなどころじゃありません。

もっともっと積もったのです。

これはまだ、うっすら積もった程度だった時の写真です。

 

 

では、

すごかった積雪もお見せしましょう(笑)。

すごすぎて、ちゃんと撮影には出られませんでした。

 

大雪

太鼓橋もここまで積もりました。

大谿川にかかる太鼓橋(たいこばし)もここまで積もりました。

前から来るのは除雪車。

雪で車道は狭くなるし、

車で移動するのも一苦労です。

こんな時、私は運転しません。

キラキラ

雪が積もった後、

おひさまが射すことは珍しいです。

だいたいはグレーな空。

 

雪が一旦止んで、

おひさまの光が射すと、

町中がキラキラして、

それはもう、なんとも言えない幸福感が胸の中に充満します。

 

木に積もった雪がサラサラ落ちてくるときなんか、天使が降りてきたみたいです。

4月になると桜の花が美しい場所です。

柳が、餅花みたいになります。

円山川

豊岡市を南から北へ流れる円山川(まるやまがわ)。

この川の景色が好きでお嫁に来たのでは、と思うくらい好きです。

いつも表情が違います。

でも、

こんな夢の中みたいな円山川の景色は初めて見ました。

 

降りすぎたら困る雪ですが、

やっぱり綺麗だなぁ。

 

まだ雪は残っています。

雪が止んで、1週間くらいで、

車が通るところ、人が歩くところは、

それぞれが頑張った除雪のおかげで雪がなくなりました。

温泉街の中心にはほとんど雪がありません。

子どもたちはまだまだ雪遊びができそうです。

でも除雪で積み上げられた背の高い雪の山は、

もう春まで溶けないかもなぁ。

 

あー、

しばらく雪はいらないなぁ(笑)。

 

この記事を書いた人

井垣真紀

関西を中心にフリーアナウンサーとして活動したのち、2006年、城崎温泉にある写真スタジオに嫁ぎ、移住。
現在は、三姉妹の母でフォトグラファー。
マタニティフォト、ベビーフォト、ブライダル撮影、また、舞台撮影や取材撮影なども。
たまーに、アナウンサーの仕事も。
週に二回はスタジオ併設のカフェも営業しています。

温泉があって、食べ物が美味しい。山があって海もある。雪も降るし蛍も出る。
豊岡のまちは住めば住むほど好きになります。ここでの暮らしぶりをお伝えできれば。

イガキフォトスタジオ ☎︎0796-32-4151

http://www.igakiphoto.jp/

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 2018年、今年の冬は雪がすごく降りました。