夏の終わりと秋の始まり

こんにちは!

お久しぶりです、市民ライターの田口恭平です!

今年の夏は暑い暑い夏でした。ここ豊岡も例外ではなく、

むしろ最高気温全国1位を取ってしまう程の暑さ

暑くても夏は大好きです。

今年2歳になる娘は汗だくになりながらも、元気いっぱい!

やっぱり親子なんでしょう、暑くても、汗だくでも、たくさん遊びたいのは似てます。

ただ、元気いっぱいすぎてついて行けませんでした。

やっぱり子どもには敵いません。

 

今年の夏は娘が生まれて初めて家族で竹野浜海岸の海水浴場へ。

豊岡駅周辺から車で30分、電車で約25分の距離にあります(竹野駅からは徒歩約15分)

日本の渚百選に選ばれる綺麗な砂浜に、

環境省が行う水質調査で最高ランク「水質AA」と認定されている

日本でも屈指の透明度の高いビーチなのです。

 

 

海水浴

あまりの水の綺麗さにここは南の国のビーチかと思います。

本当に美しいのです。

あまりの美しさに娘も大興奮⁉︎

いえ、大興奮する事なく、ひたすら砂遊びをされていました。海は「こわい〜」そうです。

竹野浜海岸は遠浅で子どもでも安心して入れます。

浜には〝浜茶屋〟(この辺りでは海の家の事を呼びます)が立ち並びます。

疲れたら休憩をして、ご飯を食べて。シャワーも借りられて、快適な海水浴が楽しめます。

近くではシーカヤックやSUPなど、マリンスポーツを楽しめる場所もあります。

打ち上げ花火

子どもの頃から夏の楽しみは、夏まつりや打ち上げ花火です。

ここ豊岡では町の中心部で打ち上げ花火が上がり、家の近くからでも大きな花火が見えます。

 

但馬では各町で夏祭りがあり、打ち上げ花火もあげられるのです。

城崎では7月27日から8月26日(8月13日から15日は除く)の間、平日毎日打ち上げられるのですよ。

娘は終始「こわい〜」でしたが、今年の豊岡の花火大会は妻と娘と3人でのんびり近くの田んぼから楽しむことができました。

 

【アイシュ】

今年の娘の夏のテーマは「アイシュ」です。

1歳10ヶ月になった娘は、言葉を話せるようになり、意味も少しずつ分かり始めたこの夏、

事あるごとに娘は「アイシュ」と言いながらアイスクリームを求めていました。

アイシュを求め豊岡のまちへ。今年は2件のお店にお世話になりました。

 

まずはカミノ家のご夫婦が営まれるカミノ珈琲さん。

今年からアイスキャンディーが新しく登場しました。

季節の果物を中心に無添加で作られているので子どもにも安心。

娘と取り合いになりながらも結局ちょっと分けてくれるのでした。

 

そして忘れてはいけません夏の冷たいものを豊岡で食べるとなると、

みんな必ず行く〝谷口さん〟はやはり、外せないのです。

今年も何度もお世話になりました。娘もこの笑顔です。

もちろん、かき氷も取り合いになります。

 

詳しくはカミノ家が行かれたこちらをご覧ください

季節を感じる甘味処~豊岡市の谷口さん~

 

季節が進んで、秋になっても娘のアイシュ熱は冷めません。いつまで続くのでしょう・・・

 

大好きな夏が終わる

六方たんぼに実る一面の新米は秋の知らせ

海水浴を楽しみ、夏祭りを楽しみ、新学期が始まる9月。

季節の移り変わりは早く、もうすっかり夏から秋へ。

今日は9月8日、暦の上では白露(はくろ)と言い、朝露が草木にかかり、空の雲も秋らしくなるそう。

秋分の日も近く、「秋の夜長」もこの日から。日が短くなりましたねという挨拶が多くなります。

 

イチジクにぶどう、梨や秋刀魚、新米。食べることが楽しみな季節に、

食べることが大好きな娘と秋も楽しめたらと思っています。

 

車で少し走れば素敵なビーチがあって、自然豊かな場所と町には通いたくなる小さなお店もあって、

過ごすには程良い町なのです。この町と自然との距離感も豊岡だからこそと感じています。

 

この記事を書いた人

田口 恭平

妻と1歳の娘と暮らしているUターン7年目。観光業に携わり旅行を通して豊岡や但馬地方、丹後地方の案内をしています。たくさんの出会いに感謝して。

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 夏の終わりと秋の始まり