我が家のジビエ。

今年も冬が始まりました!

朝起きると。

 

雪だー!

 

2017年12月12日。

この冬初の積雪です。15センチほど積もりました。

例年はクリスマスくらいなのに、早過ぎです。

 

道路は、消雪装置のおかげで綺麗ですが、

歩道は…。

 

 

 

 

歩くのはちょっと大変だけど、

子どもたちは嬉しそう!

 

 

こんにちは!

豊岡に嫁ターンしてきて11年と半分が過ぎました!

フリーアナウンサーからいつの間にかフォトグラファー。

三姉妹の母の井垣真紀です。

 

次の記事、楽しみにしてますね!!

と何人かの方に声をかけていただき、

書かないと…。

と思いながら、行き詰まっておりました。

 

飛んでるローカル豊岡の市民ライターを始めて一年が過ぎ、

なんだか書きたいことが、一回りしてしまった気がして。

 

そこに、

先週末、「飛んでるライター×SALON」

のイベントがあり、

またちょっと、伝えたい気持ちが盛り上がってきました。

 

 

移住してきたばかりの方、

移住を考えてる方、

Uターンしてきて良かった、と思ってる方。

いろんな方と交流ができました。

 

飛んでるローカル豊岡のサイトを見て、移住してきた!

という方もいて、

びっくり、うれしい驚きでした。

 

 

 

そんな週末。

すてきな贈り物をいただきました!

贈り物。

町内の、いつものおじさんが、

「いるかー?」

と。

「きゃー!!もちろんです!!』

といただいたのは。

 

 

 

さて、なんでしょう??

お母さん!まだ、ぬくい!(温かい)

ビニールから透けてるものと、

末っ子の表情で当ててください(笑)。

 

 

 

 

ひゃっほー!!

嬉しくて小躍りする末っ子。

 

ビニール袋の中身は…。

じゃーん!!

鹿の肉です!

しかも、先ほどさばかれたばかりの。

まだ命の温もりを感じる鹿の肉。

 

猟師さんが持ってきてくださるのです。

「食べるかー?」

って。

 

うれしー!

今回は、骨つきの足と、背肉(ここが一番美味しい!)をくださいました。
骨つきの足は、さばき方を教えてもらい、

しばらく格闘。

写真は…、やめておきます。

 

 

なんとか、精肉化。

この赤身!

おいしそー!

「ええとこ(良い部分)」です!

鹿肉は、柔らかい赤身のお肉でとっても美味しい。

匂いがきついんじゃないの?

と言われますが、

私がいただく鹿肉は、

ほとんど匂いがなく、うっすら香草のようないい香りがします。

 

もちろん、これだけの量ではありません。

筋ごとに切り分けたお肉の形を切り整え、

キッチンペーパーで包み、保存。

筋肉も煮込みに使います。

すごい量。

3キロくらいありそうです。

 

今日は、

ママ友に教えてもらった食べ方で!

ニンニクとお塩、オリーブオイルでマリネして、

焼いて食べます!

 

鹿肉は脂身がないので、

焼きすぎると固くて美味しくない。

焼き加減が大切です。

私はさばくの頑張ったので、

焼くのはダンナさん。

 

熱伝導のいい底の分厚いフライパンで焼きます。

脂身がない鹿肉は、ゆっくり火を通すと硬くなるので、

さっと焼くのがおすすめ。

 

生で食べたらおいしいで!

とおっちゃんは言うけど、私はまだ勇気がない。

 

 

できたー!

おいしそー!

 

 

鹿肉の焼肉

おー!

おいしそー!

お野菜を盛り付けるのももどかしく、

もう口に入れちゃえ!

 

しあわせー❤️

うーん。やっぱり鹿肉、最高!

わーお!

骨つき!

原始人気分も楽しめて、サイコー!

 

私はこれで。

やっぱり鹿肉には、これでしょう。

 

いぇーい。

赤ワイン。 次女が撮影してくれました!

 

家族みんな、鹿肉が大好物。

お肉の中で何が一番好き?

と聞くと、

鹿肉!

と即答です。

脂身がなく、柔らかく、味が濃い。

 

 

このあたりでは、

鹿はとても増えていて、かなりの有害獣です。

畑の作物を全部ダメにしてしまったりします。

農家さんは大変です。

 

そこで、

増えすぎた鹿を猟師さんが駆除してくれています。

駆除した鹿の写真を撮って市役所に提出するそうです。

 

そう。うちは写真屋です。

いつも撮った写真をプリントしに来てくれているのですが、

去年やっと、

「この鹿はどうするんですか?え?食べないの?」

と話しかけたことがきっかけで、

「食べるか?」

といただくようになりました。

 

鹿肉は衛生面の管理が難しく、流通が整っていません。

なので、販売するのも、購入するのも難しいのです。

猟師さんにいただくしかありません。

 

初めてまだ温かいお肉をいただいた時、

ドキッ!として手を離したくなりました。

でも。

「スーパーでパックに入って売られている冷たいお肉」

が本当の姿でない。

と気づきました。

すぐに子どもたちを呼んで、子どもにも触らせました。

鹿さんのお肉、もらったよ。って。

 

うわ。ぬくい。

あの鹿さんだよね?

 

この辺りではちょくちょく見かける、目のくりくりした可愛い鹿。

 

そうだよ。

 

子どもたちにもわかって欲しい。

どんな食べ物も、命をいただいているんだ。

ということをわかって食べて欲しいと思います。

 

さっきまで生きてたんやなぁ。

ありがたいなぁ。

おいしくいただこうね。

おいしいなぁ!

といただいています。

 

本当にありがたいです。

 

 

この記事を書いた人

井垣真紀

フォトグラファー。
関西を中心にフリーアナウンサーとして活動したのち、2006年、城崎温泉にある写真スタジオに嫁ぎ、移住。
三姉妹の母。週に二回はカフェも営業している。

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 我が家のジビエ。