ご来光と雲海を目指して、なんちゃって登山!

子ども達と一緒に、こんな景色が見られました!

ものすごーーーーく苦労してこそ見られる(イメージの)壮大な景色が、

ここ豊岡市では、結構お手軽に見られます(笑)。

 

しかも、登山イベントなら尚更です。

 

 

ラムあるき2016 来日山雲海登山

来日山(くるひざん)は、

豊岡市は旧城崎町(私が住んでいる城崎温泉のある町です)にある山です。

来日山登山のイベントは、

ふもとの人たちが中心になって平成23年からされていたそうです。

私たちはこのチラシを手にして、初めての参加でした。

お友達家族と申し込んでから、1ヶ月。

楽しみにしつつも、

末っ子5歳児が早起きできるかちゃんと歩けるか

とても不安でした。

 

でも、三姉妹はみんなすごく楽しみにしていて、

前の日の晩はドキドキしながらも早く寝て(いつもそうならいいのにw)、

ちゃんと、4時に起床!

 

 

さあ、出発!!

朝5時

第一の集合場所には、

まだ暗い中、73人の参加者が続々と集合。

早朝にもかかわらず、たくさんのスタッフが!!

受け付けをしてくれて、途中の暗い山道でも誘導してくれて、

無事に車で第二の集合場所(山の中)まで到着することができました。

 

個人での登山では、こんな真っ暗な山の中を入っていくなんて、ぜったいに無理!(いくら車でも!)

 

さぁいよいよです。

受付でもらった名札をつけて、

この日のために購入したヘッドライトを装着。

歩くぞー!

けっこうな勾配。

山の稜線を歩く感じ。

真っ暗の中を歩き出したのですが、次第に明るくなってきました。

 

日の出は6時11分。

の予定。

 

 

 

15分ほどで着きました!(笑)

到着ーーー!!頂上です!!

わぁ!雲海サイコーーーーー!!!

 

道中、視界がはっきりしていたので、

「今日は雲海は見られないかなぁ。でもお天気がいいし、ご来光は見られるね!」

と、歩きながら話していたのです。

 

でも!!

雲が少し低い位置ではあったものの、

円山川の上に広く雲がかかって、見事な雲海でした!

この雲の下に、豊岡市があります。

 

 

 

 

こちらは日本海。

見る方向を変えると、円山川の河口と日本海です。

豊岡市の港地区です。

松葉がにで有名な「津居山港」も見えます。

毎年11月6日が松葉がにの解禁日です。

今回は、海の方には雲がなかったですが、

円山川にかかった雲は海の方に流れ込んで行き、

それもとても美しいそうです。

こちら側は、竹野町。

同じ豊岡市ですが、

山を越えると、「竹野町」です。

透き通った身の「白いか」が有名です(^^)

初めて食べた時には、美味しくてびっくりしました。

 

ぐるり、山陰海岸ジオパークを眺められる来日山です!

 

 

 

そして、雲の間からご来光!

おぉーーーー!

みんなで見つめました。心が洗われる〜!!!

 

 

でも、

お腹すいたー!!

地元スタッフの方々が、

早朝から猪鍋を作ってくださいました。

この辺りで獲れたイノシシだと思います。(猟師さんから頂いたりしますー。)

獣のお肉は臭いイメージがありますが、全く臭くはありません。

豚よりもあっさりしていて美味しい(^^)

そしてもちろん、地元で採れたお野菜。

早朝の山の頂上であったかいものを食べられるシアワセ♪

カップ麺でも十分シアワセを感じられそうですが、

手作りの猪鍋だなんて、最上級のシアワセです!!

ほっこり、美味しかったー!!

ありがとうございまーーーーーす!!!!

 

ハンドドリップコーヒーを200円で販売してくださってたり、

単独登山では味わえない、まさに至福のひとときでした。

 

実は、今回の登山にはカメラを持って行かず…(T T)

私は当然、一眼レフと交換レンズ、三脚をバッチリ用意していたのです。

カメラリュックに。

でも、「さぁ、行こう!」

という時。

 

小学2年生の次女に、

「お母さん、それ持ってくの??」

「お父さんもいないのに(朝からブライダルの仕事が入っていたので)。」

「車で上がる時にしたら?(実は車でてっぺんまで上がれますw)」

と冷静な指摘を受け…(^^;

 

そうですよねー。

末っ子が歩けないかも、って心配してたくせに、もしグズったらどうするんですか??

どうしはるんですか??おんぶできるんですか???

…と自分にダメだし。

確かにその通りです。はい…。

泣く泣くカメラを置いていきました。

 

なので、今まで見てもらった今回の撮影は全部スマホ!!

で、写真お借りしました!

毎回、コウノトリ共生課(豊岡市には、こんな課があります!)の職員が、スタッフとして参加しているそうです。そこで、撮ってもらった記念写真などをお借りすることができました。

老若男女、みんなたのしそー!

 

スタッフの方々は、事前の準備やら、また当日は早朝から本当に大変だったと思います。

そのおかげで、すごく楽しい時間を過ごすことができました。

本当にありがとうございます!!

 

さて。

我が家は、午前8時30分には帰宅。

その日も普通にお仕事しましたー!!!!

 

こんな絶景見たあとで、

普段通りの生活ができるなんてすごくないですか??

 

豊岡市では、

他にも「田んぼの学校」や「キッズワイルド」など、

子どもや家族が自然と親しめるイベントが結構ありますよ。

 

 

この記事を書いた人

井垣真紀

関西を中心にフリーアナウンサーとして活動したのち、2006年、城崎温泉にある写真スタジオに嫁ぎ、移住。
現在は、三姉妹の母でフォトグラファー。
マタニティフォト、ベビーフォト、ブライダル撮影、また、舞台撮影や取材撮影なども。
たまーに、アナウンサーの仕事も。
週に二回はスタジオ併設のカフェも営業しています。

温泉があって、食べ物が美味しい。山があって海もある。雪も降るし蛍も出る。
豊岡のまちは住めば住むほど好きになります。ここでの暮らしぶりをお伝えできれば。

イガキフォトスタジオ ☎︎0796-32-4151

http://www.igakiphoto.jp/

この記事を読んだ人にオススメ!

記事をエリアから探す

ホーム 暮らし ご来光と雲海を目指して、なんちゃって登山!