ちゃんと近所付き合いが残っているまち

みんな一緒に年中行事

私が住む地区では、古くからの行事が次第になくなっていく中、

先住者の伝統を大切にする思いが、新しい住民に伝えられ、

新旧の住民が一緒になって、古くから伝わる伝統行事を数多く残そうとしています。

これが私の住む地区の良いところです。

 

1月

元日には、神社に住民が集い、賀詞交換会で一年が始まります。

どんど焼きが行われ、正月飾りや書初めを燃やします。

書初めを燃やし、それが高く舞い上がれば字がうまくなると言われています。

竹は山から切り出してきたり、すべて当番の人たちで準備をします。

どんど焼き

2月

節分には、みんなで会館に集まって飲んだり食べたりします。

 

5月

区民運動会が近くの中学校で開催され、隣保対抗でいろんな競技が行われます。

例えばお年寄りを対象にした競技で、

風船をしりもちをついて割るその名も『ケツアツ測定』や炭酸飲料をストローで一気飲みする『早飲み競争』などユニークなものがあります。

 

8月

地蔵盆には、辻堂(つじどう)と呼ばれる趣のある建物の前の広場で盆踊りが行われ、

下座衆(げざしゅう)と呼ばれる人たちは三味線、笛、太鼓、鐘の生演奏と歌い、

みんなはやぐらのまわりで踊ります。

10月

行われる宮篭り(みやごもり)では、

秋祭りの前日、神社内の建物に宮当番が籠り、

外では火を焚き続け、お参りにくる人々を夜通し接待します。

子どもから大人まで、みんなが神社を訪れ神太鼓を叩きます。

太鼓の音は区内に響き渡ります。

その他、家内安全、五穀豊穣を願いお日待ち(おひまち)と言われる宴が年3回行われます。

 

新しく来た人も大歓迎

先住者と来住者が一緒になって、

先人たちの地区に対する思いや情熱を受け継ぎ、

次の世代へ伝えている地区は豊岡市内にたくさんあります。

 “しがらみ”は煩わしいと言ってしまえばそれまでですが、

地域の自治組織を中心に動く様々な地区のお付き合いや行事は、

なにかと頼りになる“つながり”を保つために大切なことのような気がします。

この記事を書いた人

西垣義嗣

FMたじまパーソナリティ・豊岡市英語遊び指導員。
1988年、アメリカ留学後に京都の建設会社に入社。勤務地は主にオーストラリア
1994年にUターンして英語塾を経営。現在は、豊岡市英語遊び指導員、高校の英語講師、地元FMのパーソナリティ、兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科修了など幅広く地域活動を行っています。

この記事を読んだ人にオススメ!

記事をエリアから探す

ホーム 暮らし ちゃんと近所付き合いが残っているまち