山焼きとブランコ

神鍋高原では雪が解ける3月から4月にかけて外来種の雑草を駆除し、固有の高原植物を守るために各地区ごとに山焼きを行います。
山頂に向かって吹き上げる風により、みるみる燃え広がる様子は一見の価値のある迫力です。
山焼き後の斜面はワラビや山菜が芽吹き、春の訪れを感じる事のできる行事です。

撮影:DAICHI@d.vw0531

日時
2018.04.21
場所
日高町栗栖野

ホーム 特集 山焼きとブランコ