「病院が選べないってどういうこと?」豊岡で妊娠・出産の体験談。カミノ家に3人目が産まれました!

 

なんだかとっても、お久しぶりです!

長らくお休みして、何をしていたかと言いますと、出産をしていました。

 

息子2人と父母、4人家族だったカミノ家に

3人目となる娘がこの春に誕生しました。

可愛いあんよ。

 

さすがに3人目ともなると心も身体も慣れているのか、回復が速いような気がします。

もうほぼ通常通りの生活を送りはじめたところなので、妊娠から出産のことを少しずつ書こうと思います。

 

出産する病院に選択の余地なし⁈

そうなんです。

都会にお住いの方には驚くべき情報ですよね。

 

豊岡市を含む但馬地域の出産は公立豊岡病院内の但馬こうのとり周産期医療センターに一任されています。

周辺の助産院もゼロ。豊岡市内で出産できる病院は豊岡病院しかありません。

近隣の通院できる範囲で考えると、おとなり養父市にある八鹿病院で出産が可能ですが、原則は出産経験のある妊婦さんのみの取り扱いです。(人数制限内でハイリスクでなければ初産婦も可能とのこと。)

あとは検診のみなら日高医療センターで対応してもらえますが、出産する時は豊岡病院という流れになります。

つまり、豊岡病院一択ということです。

 

助産院でゆったりと出産したい方にとっては、残念な情報かもしれませんね…。

ただ、但馬地域唯一の総合周産期センターなので、
早産や妊娠高血圧症候群などのハイリスクな妊娠にも対応してくれます。
もちろんNICU(新生児集中治療室)もあるので、赤ちゃんに万が一のことがあっても安心です。
産科だけでなく婦人科領域も担っているので、選択肢が少ない欠点はあれど
とても頼もしい病院であることには間違いありませんよ。

豊岡市の助成事業(お金にまつわるお話)

豊岡市では出産にかかる費用のうち、42万円が加入している健康保険から出産一時金として医療機関などに直接支払われます。
42万円を超えた金額は、実費で医療機関に支払うこととなります。

その他、妊婦検診にかかかる費用は14回分の受診券が支給され、その券を病院の受付で渡すと無料で検診を受けることができます。

受診券は金額の上限があり、採血などのフルコース検診の際は金額がはみ出てしまいますが、ほぼこの受診券で賄えます。ちなみに私は3人目の出産の時、ちょうど使い切りました。

※上記2つの支援について、飛んでるローカル豊岡の「豊岡市の移住サポート」ページでも紹介しています。ご参照ください。

受診券をもらう方法

この受診券は、豊岡市役所の健康増進課でもらいます。

自分で届け出をしないと、もらえませんよ。

 

妊娠が確定したら病院から『妊娠届出書』という書類が渡されるので、それを持って市役所へ行きましょう。

赤ちゃんの心拍が確認されてから渡される書類のため、それまでの受診は実費で行いますが
母子手帳を交付される際に、振替で支払い請求ができますので領収書はなくさずに保管しておきましょう。

市役所で書類を提出して、母子手帳をもらって、保健師さんとお話をします。

豊岡市役所の保健師さんは、親身に相談に乗ってくれる方ばかりです。

子育て環境に不安のある方は、是非相談してみてください。

豊岡市の母子手帳はディズニーです。可愛いでしょ。

 

妊娠中は心も身体も激変するので、

環境の変化にもピリピリしてしまうものですよね。

私も、家族にたくさん迷惑をかけて助けてもらいましたが、

近隣の方にも優しく声をかけてもらったことが、とても励みになりました。

 

 

大きなお腹で子どもを連れて、駅前からの大開通を歩いていると

必ず何人かのまちの人に、微笑みかけてもらったり、優しく声をかけてもらいました。

 

各自治体によって子育て支援の対策は異なりますが、私はこの豊岡市で快適に妊娠・出産・子育てをしています。

 

 

なんといったって、子宝の鳥である、コウノトリのまち。

余談ですが、

このコウノトリの卵の形をしたチョコレート『こうのとりからの贈りもの』を食べると妊娠する、というジンクスが豊岡にはあります。

 

ほんまかいな!

 

 

 

それではまた!

 

この記事を書いた人

カミノ 夫婦

美容師の夫(32)と、絵描きの妻(31)。
豊岡市内に小さなヘアサロンとコーヒースタンドのお店を営んでいます。
穏かな日々を大切にしています。Uターンから8年目。

http://www.craftsmansfactory.com

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 「病院が選べないってどういうこと?」豊岡で妊娠・出産の体験談。カミノ家に3人目が産まれました!