平成最後の豊岡市の成人式!撮影会のお手伝いに行ってきました。

自宅から豊岡駅前までの10分ほどの距離を、1月のある日ちょっとだけ意識して歩いてみました。

 

なんとこの日、駅に着くまで10分ほど、30歳代以下の人に出会うことがありませんでした。(カミノ目利き)

 

たまたまかもしれないし、私がカウント出来ていないだけかもしれませんが

少し意識すると『豊岡ってやっぱり若い人が少ないよなー』と感じることが多いです。

 

そんな豊岡ですが、

お盆や正月、ゴールデンウィークの長期休暇は

帰省した若い人でまちの中が華やぐので

なんだか嬉しい気持ちになったりします。

その中の一つが成人式。

 

今年はその成人の日のお手伝いに行ってきました。

 

今回は特設スタジオを設けて、友達と一緒に晴れ着姿の写真が撮れるスペースを。

出張のコーヒースタンドや、豊岡の街案内ブースなど

成人の皆さんに、少しでも今の豊岡を知って興味を持ってもらえるように…という企画でした。

 

 

 

 

豊岡市内のショップカード。たくさんのお店に快くご協力いただきました。ありがとうございました。

 

1月13日(日)の午後、成人式記念式典の開会前、成人のみなさんが素敵な晴れ着姿で会場へ来てくれました。

思い思いのポーズで撮影。

皆さん素敵な笑顔です。

撮影した写真は、豊岡市から送られます。

 

会場にはインドネシアから来ている二十歳の実習生さんも。

インドネシアには成人式がないらしくて、式典への参加を喜んでおられたそうです。

民族衣装がとっても素敵でした。

コーヒーもたくさんの方に飲んでいただきました。

 

みんないい顔。あどけなさと大人っぽさが混ざり合ったような、二十歳ってそんな頃。

豊岡で成人を迎える人は、豊岡を離れて生活している人がたくさんいます。

外から見る豊岡、皆さんからはどんな風に見えているんでしょうか。

 

成人式が終わったら、みんなまた今の生活に戻っていくことを思うと

頑張れという気持ちと、親心のような心配と、まちのことを思うと淋しさも。

 

まだまだ、外の世界でたくさん学び吸収している真っ最中の皆さん。自分の楽しみ、経験や成長のために存分に生きる時。

だけどいつかまた、人生の分岐点で、豊岡のことを思い出してくれるといいなーと

二十歳の皆さんに思うのでした。

 

それにしても、まだ若いと思っていたのが恥ずかしいわ、私。

立派なおばちゃんとして、自信を持って生きていこうと思った成人の日のお手伝いでした。

この記事を書いた人

カミノ 夫婦

美容師の夫(32)と、絵描きの妻(31)。
豊岡市内に小さなヘアサロンとコーヒースタンドのお店を営んでいます。
穏かな日々を大切にしています。Uターンから8年目。

http://www.craftsmansfactory.com

この記事を読んだ人にオススメ!

わかもの巣立ち応援プロジェクト
記事をエリアから探す

ホーム 暮らし 平成最後の豊岡市の成人式!撮影会のお手伝いに行ってきました。