株式会社ユラク 三江 智子さん ~飲食店でイベントの企画や運営も~

三江 智子(みえ ともこ)さん 2017年入社
出身大学
花園大学文学部創造表現学科
趣味
読書、パソコン(デザイン、ネット動画閲覧など)

仕事をする上で心がけていることは?と尋ねると、間髪入れずに「楽しく、笑顔で」と返ってきた。ユラク グループ外食部門『炭火家 らんたん』でフロア接客係として働く三江智子さんは、ころころとよく笑う。

やわらかな雰囲気、素直な受け答え、朗らかな笑顔が印象的だ。開店前の店内を案内して頂いてからの取材となったが、的を射た説明や解答、楽しげな話しぶりから、彼女がいかにこの仕事を好んでいるかが、まっすぐに伝わってきた。

大学は京都ということですが、Uターンするかどうか、迷いませんでしたか?
三江
もともと、大学を卒業したら帰ると決めていました。実家が家業を営んでいることもあり、祖父母からは帰ってきて欲しいと言われていました。でも、それとは別に、自分が豊岡を好きな気持ちが大きいです。
豊岡のどんなところが好きですか?
三江
全体的にゆったりした雰囲気ですね。たまに京都、神戸、姫路あたりに友達と遠出もしますよ。ただ、最近はあまりしていませんね。仕事が忙しいこともありますが、友達と休みが合わないのが大きいです。
先ほど、卒業したら地元に帰ることは決めていたと話されていましたが、どんな会社、どんな仕事まで決めていたのですか?
三江
学生時代、居酒屋でのバイトが楽しかったので、なんとなく飲食関係がいいかな、とは思っていました。
就職情報はどのように集めましたか?
三江
主にインターネットですね。4〜5社の候補を見つけて、そのうちのひとつがユラクでした。
ユラクには、『らんたん』以外のお店もありますし、違う業種に携わる部署やお店もあります。そういった別部署への異動もあるのですか?
三江
ありますが、本人の意志や希望を尊重してもらえます。役職になると、その限りではないようです。
同期入社はいらっしゃいますか?
三江
『らんたん』には、ひとりだけですが、会社全体としては6人います。
同じ居酒屋でも、学生時代のバイトと、正社員として働くのでは異なることもあると思うのですが。
三江
色々なことを、自分で考えなければいけないのが、大変ですね。お店で開催するイベントの内容も話し合って決めていきます。でも、頭を抱えて「う〜ん」っていう感じではなくて、雑談や世間話からアイディアが沸いてくるんです。高校を卒業してすぐに就職したスタッフも多く、みんな若いんです、私が上の方なくらい。だから、会議も和気藹々と賑やかです。会社としても若い人が多いからでしょうか、すごく働きやすくて、ここに就職して良かったなぁと思います。飲み会もよくありますよ。少し前には、バーベキュー大会もありました。
仕事を始めてから、自分で「慣れてきたかな」と思えるまでに、どれくらいかかりましたか?
三江
半年以上はかかったと思います。未だに、難しいと思うことがあります。予想外のこともあるので(笑)。
例えば、どんなことがありますか?
三江
私はまだ同じことに遭遇していませんが、以前、靴を脱いで上がる座席にいらっしゃったお客様が、別の方の靴を履いて帰ってしまったことがあったそうです。(笑)
お料理のアレンジなど、特別な注文もありますか?
三江
できる限り対応させて頂きます。当店のメニューにオムレツはあるけど、オムライスはありません。でも前に、「オムライスが食べたい」と言われたことがあって、キッチンに「できますか?」と聞いたら「できるよ」って言ってくれたんです。お客様も喜んでくださって、「これメニューに入れられるよ。美味しい!」って言って頂けました。そうやって、お客様の「美味しい!」という反応が直接見られるのは、いいですね。
お店では、月に1回イベントを開催していますね。イベントのチラシも三江さんが作っているとか。
三江
はい。大学で、アニメ、漫画、映画、デザイン、歌、ダンス……表現に関わることを色々勉強していて、私はポスターなどの画像編集が得意でした。
そのスキルは、今、活かされていますね。
三江
そうですね(笑)。チラシのほかに、イベントカレンダーや期間限定のメニューなども作ります。
飲食店でありながら、イベントの企画や運営もしていくのは大変そうですが、楽しそうでもあります。
三江
はい、楽しいです。みんなで作ったイベントで、お客様に盛り上がっていただけると、すごく嬉しいです。
この仕事をしていた良かったと思うことは?
三江
色々な人に会えることです。居酒屋に来る人は、ワイワイ賑やかに楽しくやろうという人が多いですから、気さくに私たちに話しかけてくれるお客様も多いです。常連さんだと、「また来てくださった」と嬉しくなります。お客様に顔や名前を覚えてもらえるのも嬉しいですね。
高校生まで過ごした豊岡と、今自分が暮らしている豊岡では見えてくるものに違いがありますか?
三江
大人になると行動範囲が広がりますよね。車で遠出も出来るようになりますし。この仕事をしていると他のお店も気になるので、市内にある美味しいお店やオシャレなお店を友達と訪ねたり、発見したり……そういう経験は、以前はできなかったですね。
今、食事や洗濯はどなたが?
三江
実家暮らしなので…親です(笑)。一人暮らしだったら、やっていけてないかもしれないと思います。
それもUターンを決める理由の一つでしたか?
三江
そうですね。豊岡も好きですけど、実家も好きで。仕事を終えて自宅に帰るだけで、疲れがとれます。
当面の目標は?
三江
私たちに接客を指導してくださった指導係の先輩、その方の接客が目標です。細かい気配りがきくんです。ドリンクが空いていたら「お代わりいかがですか?」、お皿が汚れていたら「お取替えしますね」といったことが、さりげなくできるんです。
3年後の自分はどうなっていたいですか?
三江
接客に関して目標の先輩に近づきたいのはもちろんですけど、誰かが忙しい時にヘルプできて、お店の回転もよくなるように、ドリンクや、キッチンの補佐もできるようになっていたいですね。
株式会社ユラク
設立
1973年
本社
兵庫県豊岡市
事業内容
観光旅館業務(湯楽)、外食部門業務(らんたん、夢邸)、海産物販売業務(朝市広場)、ギフト販売業務(アピデ、タッチ)など、
社員平均年齢
37歳

株式会社ユラクの企業情報はこちらをご覧ください。

この記事を書いた人

飛んでるローカル豊岡

飛んでるローカル豊岡です。

この記事を読んだ人にオススメ!

記事をエリアから探す

ホーム 仕事 株式会社ユラク 三江 智子さん ~飲食店でイベントの企画や運営も~