株式会社太陽ライフサポート 西村早代さん ~都会へ憧れもあるけれけど今、豊岡で良かった~

西村 早代(にしむら さよ)25歳
株式会社太陽ライフサポート
Uターンした年齢 23歳

栄養に関することなら
「この人に聞けば大丈夫なんだ」という存在になりたい

高齢者の日常生活における支援及び介護を主たる業務とする株式会社太陽ライフサポートは、豊岡市内で二つの施設(さくらの家、ひまわりの家)と訪問介護・訪問看護ステーション並びに保育園(えんとつ町のプペル)を運営している。施設で働く従業員は合わせて約40人、夜勤を含むシフト制で勤務をしている。
今回お話を伺った西村さんは、短大で学んだことを生かすためにUターンをしたそうで、現在は栄養士として両施設の食事メニューを考え、調理サポートにも入っている。「日々勉強」と語る西村さんからは仕事に対する真摯な姿勢が垣間見えた。
西村さんの上司である森岡さんに、介護の仕事に向いているのはどんな人ですか?と尋ねたら、「いろんなことに柔軟に対応できる人」という答が返ってきた。そして「この仕事は固定概念を持たない方がやりやすい。決めつけてかかると失敗してしまうので、こうかな、ああかな、といろんなことに疑問を持ち続けることが重要。それは私が心掛けていることでもあります」と話してくれた。これから先、ますます需要が高まる介護の仕事に興味のある方には是非お伝えしたいと思ったので、この場をお借りして記しておくことにする。

──西村さんは高校卒業後に豊岡を出られたんですね?
西村
そうです。高校を卒業して神戸に行き、短期大学に2年通いました。
──短大を卒業するときに、就職を考えるにあたって、Uターンすることは最初から決めていたのですか?
西村
決めてはいなかったです。なので、しばらくはあちらの方にいました。
──どんなお仕事をされていましたか?
西村
今とは関係なく、飲食店に勤務していました。1年と少しです。
──豊岡に帰ってくる具体的なきっかけが、何かあったんでしょうか?
西村
こちらの方に求人があるという話を聞きまして、親の近くにいた方がいいかな、という思いもあったので。それが、きっかけですね。
──飲食業から介護の仕事への転職は珍しい気もします。
西村
もともと短大は栄養士の学校だったので、学んだことを活かせる仕事をするために、ということです。
──求人自体は、ネットか何かで見つけたのですか?
西村
人づてです。両親の知り合いからの話ですとか。最初はここではない別のところに就職したんです。でもそちらでの勤務は臨時だったので、次の職を探している中で見つけました。小規模な施設なので、それなら利用者さんとも密接に関わりながら仕事ができるかな、とも思いました。
──実際に働き始めてどうですか? 働く前に想像していた感じと、実際に働き始めてからでは違うこともあるのではないですか? 戸惑うことはありませんか?
西村
戸惑いと言いますか、学校で勉強した知識などが本当に必要になるので、日々改めて勉強です。
──今も勉強しながらお仕事をしている感じですか?
西村
そうです。新しい病歴の人などが来られたときに、その方に合ったお食事を作るわけですが、経験がないことなので再度勉強が必要になりますね。
──普段の仕事のスケジュールはどのようになっているのでしょうか?
西村
丸一日厨房に入って調理だけする日もありますし、朝出社して、午前中に事務仕事をして、お昼から厨房に入って調理に関わって、提供までする、という日もあります。
──メニューは西村さんがお一人で?
西村
そうです。私が一人で考えています。
──難しいですよね?
西村
難しいですね(笑)。朝昼晩なので。
──しかも入居者さんによって食事の内容は違うわけですよね?
西村
はい。ほぼ一緒ではあるのですが、制限食がある場合は、もちろん変えます。入居者さんは高齢なので、噛みやすいもの、食べやすいものを提供します。イカやタコなど噛みにくい食材は提供しませんし、生ものもあまり出しません。
──この仕事をやっていて良かったなと思うのは、どんな時ですか?
西村
やはり、利用者さんに「今日美味しかった」と言ってもらえるときが一番嬉しいですね。
──栄養士さんの場合、働く場所や施設によって心掛けることや意識することも変わってくると思います。
西村
そうですね。高齢者だったら高齢者の方が好きそうなメニューだったり、学校給食だったら子ども向けの給食に合わせて提供したり。高齢者だったら、敬老の日が一番重要になってくるので、そこを重点的にとか、行事によっても変わってきますね。
──今、お仕事に関して当面の目標にしていることは、どんなことですか?
西村
栄養士という立場は、調理師さんに指示をする側になるのですが、今はまだ少し助けられている部分があります。将来的には自分が引っ張って行きたい気持ちはありますね。
──では、もう少し長い目で自分の人生を見たときに、将来的に描いている夢はありますか?
西村
今は介護、高齢者という分野にいますが、全世代、中高年、子どもや幼児にも、栄養指導ができるようになりたいです。誰に何をどう聞かれても答えられる、「この人に聞けば大丈夫なんだ」という存在になりたいな、というのはあります。
──豊岡の暮らしについても聞かせてください。高校生まで過ごした豊岡と、今暮らしている豊岡、見え方は違いますか?
西村
高校生のときは歩くしかなかったので行動範囲が狭かったと思うんですね。今は車に乗るようになって、広くなったから、その分広く見えるようになったのかな。田舎は田舎なんだろうけれど。
──IターンやUターンを考えている人、働き始めたけど環境を変えたいと思って悩んでる人もいるかと思います。そういう人たちに、Uターン経験者として言ってあげられることがあるとしたら、どんなことでしょう?
西村
Uターンすることによって、生まれ育った地元に貢献できると言いますか、今までお世話になった人たちに何か恩返しができるんじゃないかなっていうのはありますね。
──豊岡は暮らしやすいですか?
西村
そうですね。お店もそれなりにありますし、飲食店も多いですし。友達にもすぐに会えます。都会の暮らしに憧れたときもありますけど、今は豊岡で暮らしていて良かったな、と思います。

この記事を書いた人

飛んでるローカル豊岡

飛んでるローカル豊岡です。

この記事を読んだ人にオススメ!

わかもの巣立ち応援プロジェクト
記事をエリアから探す

ホーム 仕事 株式会社太陽ライフサポート 西村早代さん ~都会へ憧れもあるけれけど今、豊岡で良かった~