神野家の地元ぶらり/市民の特権!お得に入る城崎温泉と美味しい二方蒲鉾

ガサエビの記事、いろいろご意見をいただきありがとうございました。

ご当地ネタに厳しい豊岡市民のみなさん。。。

 

地元の文化や言葉が、大切にされている証拠だろうなぁと思います。

 

豊岡では「ドロエビ」と呼ぶ、地域によっては「モサエビ」と呼ぶ、

いや、モサエビとドロエビはよく似ているけど、また別のエビで、この辺りでいう「白エビ」のことだよ、

青森ではシャコのことをガサエビというね、などなど。。。

 

もう私は海老にタオル巻いて、リングに投げ出したい気持ちになりましたよ。

 

私、豊岡市民ながら、知らないことがたくさありますので

どしどしご意見いただきたいです。

 

もちろん市外の方の質問も受け付けています。

よろしくお願いいたします~!

 

 

さてさて、今日のカミノ家。

ヒゲ主人、この人、生粋の練り物好きなんです。

練り物好きそうな顔でしょ。

 

 

ちくわ、かまぼこ、はんぺん、ひらてん…

 

 

 

 

 

そんな主人が行きたい場所へ、今日は行ってきました。

じゃーん!!

二方蒲鉾さんです。

豊岡では知らない人はいないほどメジャーなお店。

 

カミノ家では、スーパーで練り物を買うときは、二方蒲鉾さんのものを買うことが多いのですが

実際のお店に足を運ぶのは、小学校の社会見学ぶり。

工場見学後の焼きたてちくわが絶品だったことは、大人になった今も鮮明に覚えています。

 

 

■二方蒲鉾■

豊岡駅から車で20分ほど(城崎温泉駅からは車で5分ほど)、

豊岡市街地からは城崎温泉街を横目に津居山方向へ。城崎マリンワールドへの通り道にあります。

(二方蒲鉾へのアクセスはコチラ→http://www.futakata.co.jp)

 

それでは、早速お店へ。。。

 

 

 

 

 

お店に入ると、美味しそうな練り物たちがお待ちですよ!

 

30種類ほどの練り物たちが、所狭しと並んでいます。

値段も50円の物から、カニの入った豪華な物は260円。

お手頃価格なので、バイキング感覚で選べてしまいます。

 

地元のスーパーでも見かけないものばかりで、

たかが練り物と思っていた私もテンションが上がりました!

 

揚げたての試食もたくさあり、ついつい食べてしまいます。

 

ど・れ・に・し・よ・う・か・な♪

一番人気の玉ねぎ天。160円。

お店の練り物部門でナンバーワンの玉ねぎ天。

 

実はカミノ家も、玉ねぎ天はこの日初めて食べたのですが、

車内で食べた揚げたてが美味し過ぎて、

「もっと食べたい!」

と車をUターンして買いに戻ったという、この1枚(笑)

 

ざっくり切った玉ねぎがたくさん入っていて、

シャキシャキした玉ねぎの甘さと練り物のハーモニーが素晴らしかったです。

恐るべし、玉ねぎ天、、、

 

海老饅頭にコーン、紅ショウガとネギなど・・・

 

 

触感もいろいろで美味しそう。

スーパーで並んでいないような蒲鉾もたくさんで、

初めて食べる味のものばかりでした。

 

 

 

それでは前回に続き、美味しいお顔をいただきましょう。

揚げたては格別の美味しさですね。

 

 

 

父に負けないくらい練り物好きの長男も大満足です。

 

お二人さん、いつもいい顔をありがとう!

 

 

 

 

 

買って帰った蒲鉾は、お弁当にも。

オーブントースターで温め直すと、練り物好きのヒゲ主人には十分なお弁当に仕上がりますよ。

 

 

 

美味しい蒲鉾を食べた帰り道は、城崎温泉へ。

我が家はみんな温泉大好き。

長男なんて、休日に行きたい場所を聞くと「温泉!」というくらい。

 

家から車で15分程の城崎温泉は、

1か月に1回・・・いやいや、多い時は1週間に1回、外湯に入りに来ます。

 

 

今日はこちら、御所の湯さんへ。。。

 

 

城崎温泉には七つの外湯があります。

一の湯、御所の湯、まんだら湯、地蔵湯、鴻の湯、柳湯、さとの湯。

 

城崎温泉のことは、これからもっと詳しい方が記事に書いてくれるはずですので、

今日はカミノ家のお馴染みの手法、

 

市民入浴券~!

 

豊岡市民は身分証を提示すると、半額で外湯に入れる必殺技です。

(意外と知らない人が多いらしいです。)

 

本来なら、大人800円×2人に、3歳以上のこども400円で2000円かかるところが、

なんと1000円でおつりをいただいてしまいました。

素晴らしいシステム!

銭湯の料金で温泉に入れてしまうなんて。

(むしろスーパー銭湯の方が高い。。。)

 

 

定期的な城崎温泉の入浴のおかげで、今日も美肌カミノ家です。

ほら、こんな風に。

 

それではまた!

 

 

 

城崎温泉7つの外湯

ちなみに、城崎温泉の外湯入浴料金は、

■さとの湯、御所の湯:(大人)800円(小人)400円

■鴻の湯、一の湯、地蔵湯、まんだら湯、やなぎ湯:(大人)600円(小人)300円

※小人は3歳から小学生

城崎温泉観光協会 http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/yumeguri/4.html

 

 

 

この記事を書いた人

カミノ 夫婦

美容師の夫(32)と、絵描きの妻(31)。
豊岡市内に小さなヘアサロンとコーヒースタンドのお店を営んでいます。
穏かな日々を大切にしています。Uターンから8年目。

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 神野家の地元ぶらり/市民の特権!お得に入る城崎温泉と美味しい二方蒲鉾