城崎、夏のご近所付き合い

こんにちは!市民ライターの西垣です。

気温30度以上になる事も珍しくない豊岡の夏が過ぎ、すっかり秋らしい季節となりました。

 

城崎温泉では夏の間、平日に毎日花火が打上げられていました。
毎日花火が打ち上げられるエリアも全国的には珍しいのではないでしょうか。

実は、観光協会が主体となって、観光客に楽しんでもらうために企画し、もう何年も続けられています。

そんな打ち上げ花火を私たち地域住民も楽しみにしています。

 

ウチの家は城崎温泉街から歩いて5分くらいのところにありますので、
わざわざ温泉街に出てかなくても、家の前で打ち上げ花火を楽しんじゃうことができます。

 

午後9時の花火の時間になると、ご近所の皆さんが出てこられて一緒に花火を見ます。

家の前に腰掛けを持ってきたり、ビール片手に出てくる人も。

たまたまこの日は地蔵盆。

近畿地方を中心に根付く地蔵盆は、なじみのない方もいらっしゃるかと思いますが、古くから伝わる日本の風習の1つです。

地蔵盆は子どもが主役で、お地蔵さんにお化粧をしたりお供え物を捧げながら、お菓子を食べたり盆踊りを踊ったりします。

 

盆踊りが終わってから皆で花火を楽しみました。

花火を見た後は、地蔵盆に参加した子どもたちが近所にあるウチの実家にたくさん押しかけ、子どもたちの遊び場となりました。

 

これも城崎の夏のご近所付き合い!

 

ちなみに家の庭でも手持ち花火くらいは出来ます。

ウチの家は隣が畑なので煙の苦情もありません。

 

 

ウチの周りには、近所の人なら勝手に使える庭とか場所とかが割と多いですよ。

 

こうして、夏のご近所付き合いは毎年、花火とともに行われています。
また来年も変わらずご近所さんとビール片手に花火が見れたら幸せですね!

 

 

この記事を書いた人

西垣崇史

豊岡市城崎町出身。豊岡実業高校卒業し大阪へ。
その後Uターンし日高町の企業に長年勤務
2016年独立後、「フォレスト」を設立 。
本・映像・音楽に関する販売&イベント企画、
飲食店舗のFC経営・地元食材のブランディング業務を行う。

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 城崎、夏のご近所付き合い