豊岡での医療~病院を受診するまでの流れ~

暮らしを考えた時に、必ず出てくるであろう医療環境。

これは移住・定住者にとっても、大きなチェックポイントです。

自分の住む町の医療環境がどうなっているか、気にならない人は少ないと思います。

どんな病院があるのか、町の体制はどうなっているのか、出産はどうしたらいいのか。

 

病院ごとのWEBサイトや豊岡市からの案内など

いろんな所から情報は発信されているのですが、

飛んでるローカル豊岡のサイトでも、わかりやすく発信していきたいと思っています。

 

 

私事ですが、今年の3月に勤めていた病院を退職しました。

看護師としての仕事を終えて、今は医療から離れた一人の市民として、

だけど少しだけ現場のことも理解している身として、

豊岡の医療のことを発信していきたいと考えています。

 

ということで、ファーストステップ!

の、その前に。

 

先日、コーヒーを買いに来てくれたお客さんから、とても興味深い情報を聞きました。

それは、私の住む豊岡市は、自宅で亡くなる「在宅死亡率」が、日本一だということです。

在宅死亡率ってなに?

在宅死亡率とは、その字の通り「自宅で死を迎える人が、死亡者全体のうちにどの程度を占めているか」という割合のことで、
厚生労働省が2014年に初めて発表した統計。
人口5万人以上20万人未満の自治体で、栄えある1位を獲得したというのです。

死亡率という言葉だけを見ると、暗い気持ちになりますが、
病院ではなく、自宅でお亡くなりになる方が多いということ。

それぞれの自宅でのマンパワー、家族の絆があってこそ。
そして在宅医療が充実しているからこその結果だと思います。

もちろん、それ以外の要因もあるとは思いますが、

豊岡市民として、元医療従事者として、とても誇らしい情報だと感じています。

行政としても、これに対しての特別な対策は行っていないというのですから驚きの結果ですよね。

医療と地域が良好に繋がっていないと、こんな成績にはなり得ないと思います。

豊岡の医療体制を改めて伝えることで、その理由も少しだけ分かるのではないかと。

豊岡の医療のことを、少しずつ書いていきたいなと思っています。

なんだか、熱く話してしまいましたね……。たまには、いいか……。

いやはや、堅苦しい前フリになりました。

 

ではでは、まず初めに、受診のことを。

 

豊岡市内での受診

体調を崩して受診をしたい時。どこの病院に行くべきか、迷いますよね。

 

インターネットで、「豊岡市 耳鼻科」「豊岡市 小児科」とキーワードを書いて検索するのもひとつです。

電話帳で、電話番号を検索するのもひとつです。

それから、豊岡市の健康福祉部健康増進課が市内医療機関・介護事業所マップを作製しているので

こちらを参照していただくと、とても分かりやすいと思います。

http://www.city.toyooka.lg.jp/www/contents/1213857056693/files/iryoukikan.pdf

 

 

市内で病院のある場所、診療時間や電話番号が書いてあります。

市役所の窓口でももらえます。

アクセスしやすい場所を探すといいですよ。

豊岡市内で一番大きな病院は、公立豊岡病院組合立豊岡病院です。(→豊岡病院HPhttp://www.toyookahp-kumiai.or.jp/)

市内の病院や診療所を受診しても、手術が必要となったり、精密検査が必要となると、豊岡病院を受診する流れになります。

ちなみに豊岡市内で出産できる場所も、現在は豊岡病院のみです。

但馬こうのとり周産期医療センターが2015年に設立されて、豊岡市内だけではなく、但馬全域の周産期医療を行っています。NICUが設置されているのも、市内では豊岡病院だけ。

 

地域の中核となっている病院でもあるので、豊岡市内では一番大きな病院です。

 

こう書くと、「大きな病院の方が安心だから、最初から豊岡病院で診てもらおう。」と思う方も中にはおられますよね。

 

ただ、先にも書きましたように豊岡病院は豊岡の中核病院で、抱えている患者さんの数も多いです。

地域のかかりつけ医との連携もしっかりとれているので、まずは近くの病院を受診することをおススメします。

 

ちなみに、かかりつけ医の紹介状なしに、豊岡病院を受診すると、初診時特定療養費という負担があり、初診時につき税込2,160円 (豊岡市・朝来市以外に居住の方は税込2,805円) が発生するのでご注意を……!

かかりつけ医からの紹介なら、初診料金が不要な上に、診察時間の予約も取れるので非常にスムーズに受診ができます。

時間もお金も、節約ができるのではないでしょうか。

 

病院や診療所によって、診察時間や休診日もさまざま。

医師や医療スタッフとの相性ももちろんあると思うので、ご近所さんの口コミを頼ることも時にはいいかもしれません。(私の見解だと、年配の方は病院情勢にかなり詳しい人が多い気がします。)

安心して受診できる場所を探してください。

 

今回は、はじめての受診編。

緊急や子どもの受診などは、また次回につ・づ・く……。

それではまた!

この記事を書いた人

カミノ 夫婦

美容師の夫(32)と、絵描きの妻(31)。
豊岡市内に小さなヘアサロンとコーヒースタンドのお店を営んでいます。
穏かな日々を大切にしています。Uターンから8年目。

この記事を読んだ人にオススメ!

ホーム 暮らし 豊岡での医療~病院を受診するまでの流れ~